スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミャンマー仏教を語る』

ミャンマー仏教を語る:世界平和パゴダの可能性ミャンマー仏教を語る:世界平和パゴダの可能性
(2014/05/15)
一条 真也、八坂 和子 他

商品詳細を見る


世界平和パゴダは、日本とミャンマー(旧ビルマ)の親善と仏教交流、世界平和の祈念及び第二次世界大戦時に門司港より出兵した戦没者の慰霊を目的として、1958年国内初のミャンマー式寺院として現北九州市に建立されたパゴダです。現在はおふたりの僧侶が常駐され、国内外のサンガと連携しさまざまな行事・法要を行なっています。

本書はパゴダ建立55周年を記念して開催された「仏教文化交流シンポジウム~仏教が世界を救う」を書籍化したものです。ミャンマー仏教と文化の考察に限らず、これからの日本寺院と儀礼の可能性、瞑想やグリーフケアについてなど幅広く語っています。

一条真也(作家・株式会社サンレー代表取締役社長)
八坂和子(ボランティアグループ一期会会長)
井上ウィマラ(高野山大学文学部教授)
天野和公(みんなの寺坊守)
スポンサーサイト

『サンガジャパンvol.15』

雑誌『サンガジャパンvol.15』 (特集:戒律)に「ミャンマーでティラシン(戒の人)になりました」と題したエッセイと4コマ漫画を8ページ寄稿しました。
ミャンマーの尼僧「ティラシン」とはそのまんま「戒の持ち主」という意味なのです。

表紙もテーマも重々しい雰囲気ですが、すんなり入っていけるやさしい読み口の記事が多い印象です。書店でお手にとってご覧いただけますと嬉しいです。

サンガジャパンVol.15(2013Autumn)サンガジャパンVol.15(2013Autumn)
(2013/09/25)
サンガ編集部

商品詳細を見る



予約受付スタートです

オール4コマ漫画のコミックエッセイ
『ミャンマーで尼になりました』
Amazonで予約受付はじまりました。


ミャンマーで尼になりましたミャンマーで尼になりました
(2013/05/17)
天野和公

商品詳細を見る


仏教に恋いこがれ、女ひとりでミャンマーへ!
そこで手に入れたのは、ブッダが教えてくれた「幸せに生きる」ためのヒント。

瞑想センターって?テーラワーダ仏教って?
仏教の歴史やミャンマー文化も分かる、七転八倒・実録修行マンガです。

発売は来月ですが…ようやく、ようやくかたちになります

2013年3月近況

ご無沙汰しておりました。
ずっとマンガを毎日細々と描いておりまして、
そのためブログ更新する気力が残っていなかったのですが
ようやくある程度の目処が立ってきました。

まだ完成しておらず、宣伝できる段階にもないのですが
勝手にPRイラストなど描いてみました(笑)

あ、もちろん日本語での刊行です


20130307_1.png



『ブッダの娘たちへ』ご紹介感謝

ブッダの娘たちへ: 幸せを呼びさます「気づき」の仏教ブッダの娘たちへ: 幸せを呼びさます「気づき」の仏教
(2012/10/22)
天野 和公

商品詳細を見る


ご紹介感謝

河北新報 東北の本棚』2012/12/9
『週刊仏教タイムス』2012/11/15号
『在家佛教』1月号
『人間情報紙 夢追人』(BUNKA新聞社)346号
書標』2012.12月号
TEMPLE』(白馬社)119号
春秋』2013年1月号 (佐藤哲朗さま書評)

ブログ
アラナ精舎日記
ゆったり…コーヒータイム
無業遊民的「私のウオークランド仙台」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。