スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪警報

なんだかのどが痛い、寒気がする、風邪をひきそう…とビクビクしていたら
保育所から初の呼び出し電話
「ゆきのちゃん、38.7℃あります。すぐお迎えにこられますか?」

キャーー!娘に行ったか!
幸い熱はあるものの元気で、ご飯も食べて薬も飲んでコテンと寝ました。
一家で総罹患しないように、気をつけないと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週はなんと岩手で2件のお葬式が重なり、
雅亮ちゃんは週4日岩手の人に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一昨年、ミャンマーから帰国なさったウ・コーサッラ西澤長老が
大阪・岸和田市の「アラナ精舎」に居を移されました。
(現在、再び渡緬中)
それに伴いブログを開設なさったようです。
最初、関西会員のどなたかが記事を書かれてるんだろうなーと思って読んでいましたが
ご本人自らの執筆だそうでビックリ!
まだ記事数は少ないですが、とても為になる興味深いお話ばかりです。

で、最新の記事のところにみん寺のURLが貼ってあってさらにビックリ。
光栄を通り越して冷汗が出る思いです。
これからも真面目に頑張らなくては。
スポンサーサイト

新ブログ計画中

山道を登りながら、こう考えた。

私がミャンマー語を趣味としていて、
ミャンマー語の良い仏教書もたくさん翻訳して持っていることを
世界中の誰一人として知らないのではないか。

出産を機に、ミャンマー語のレッスンを中断して久しい。
個人で読書しても、やはり課題を課されていたときと比べてスピードは段違い。
当然語学力は磨かれないまま落ちてゆく。ああもったいない。

というわけで、

自分自身のモチベーションを保ち続けるために
ミャンマー語の仏教書のレビューを目的とした
「坊守の書棚」というブログを作りました。

作ったのはいいのですが、ことを公にするとなると
やはり間違いがないように、以前に翻訳済みの本であっても
再度原書を読み込む必要があります。
おお、さっそく勉強のモチベーションが!!

20090127.png

まだ一記事もアップできてません…

読んでくださる方、本当にいるのかしら…というマニアックなブログでしょうが
一月に一冊ぐらいを目標に、ぼちぼちやりたいです。

温かく見守っていてくださると幸いです。

使い分け

普段は、「おとうさん」と呼ぶ娘。

20090125.png
何故、命令形のときだけ「がりょうちゃん」!?…

我らの日常の反映だとしたら、かなりヤバイです。

東奥日報記事

img110mini.jpg
1/16(金)、私の地元・青森の新聞、東奥日報に記事が掲載されました。
とても嬉しいです。ありがとうございました。

平成21年

20090122.png
■お寺の仕事は…今までと変わらず精進。
和顔愛語。自然体。
つくづくお寺って、家族総出で協力し合い、譲り合い、
共有し合わないとうまくいかない家業だな、
と痛感しています。(子どもや寺猫も含め…)
今年もがりょうちゃんのよいサポートができるように。

■来年、32歳以降に自分のやりたいことが出来るように
時の流れに身を任せ、地味に、つつましく、平穏無事に過ごす。

■昨年に引き続き、たくさん本を読む。
読まずに放置してあるミャンマー語の本を翻訳したい。

■如乃が春から認可保育所に入れますように。
(これは抱負ではない)

■欲を言えば、もう一人子どもが欲しい。
(これも抱負ではない)
昨年春に化学流産、秋にも8週で流産…。
贅沢は言いません、あと一人でいいので、
カララに結合してくださる有情さん大募集中。

■またミャンマーに行きたいなー。
(上記希望と矛盾が生じます)

今年もたくさんの出会いがあるかと思います。
良い一年になりますように。

読売新聞の記事

img107mini.jpg

今日1/21 読売新聞宮城県版「本よみうり堂」に書評が掲載されました。
記者の岡本公樹さまによる、これ以上ないくらいの
素晴らしい紹介記事です。
ありがとうございました。

センダイ自由大学

来春開校予定のセンダイ自由大学さまのブログに
載せていただきました。

良いご縁を頂き、感謝です。

末期症状

20090117.png

テレビといえば、アンパンマンのDVDしか観ていません。

名前の由来

今更ですが、私の名前は「和公(わこう)」といいまして
まぎれもなく本名なのです。

字面は女性らしくないし、ちょっと変わった名前だと思います。

当然、「どうして和公って名前にしたの?」って
親に尋ねたことも何度もあります。

200901151.png


200901152.png

お父さぁーーーん!!
ねぇ、だから、何で和公なのーー!?

自分の名前、気に入ってはいますが、昔から「女の子っぽい名前」に憧れましたね。
「タカコ」だったら、もう少しフェミニンでおしとやかな女性になれていた…訳ないか。

書店ご挨拶まわり記録(3)

sinbun.jpg
1/13 日本経済新聞朝刊のサンガさんの広告です。

今日は娘をがりょうちゃんにお願いし、単身外へ。
一日中ハンドルを握り、かなりの移動距離。

え?、これで今日までで計36店舗お邪魔したことになります。
今どんなジャンルのどんな本が流行しているのか、いやでもなんとなく分かってきます。
特に文芸書新刊、エッセイ、女性向け本、仏教書あたりのトレンドはバッチリ…?
また、書店様についてもだいたいの品揃えの傾向や、並べ方の個性が見えてきます。
楽しいものです。

一月も半ばなのにまだまだ手帳とカレンダーコーナーはどこも健在ですね。


ご紹介御礼

みん寺本をブログでとりあげてくださった皆様を、
こちらでもご紹介したいと思います。
心より感謝申し上げます。

『ひじる日々 東京寺男日記』
日本テーラワーダ仏教協会 事務局長の佐藤哲朗さんのブログ。
いつも大変お世話になっております。(奥様にも!)
大アジア思想活劇―仏教が結んだ、もうひとつの近代史大アジア思想活劇―仏教が結んだ、もうひとつの近代史
(2008/09)
佐藤 哲朗

商品詳細を見る
寺猫同盟の同志。膨大な読書量に圧倒されます。

『The Sound of Silence Free Tibet!』
著述家の星飛雄馬さんのブログ。
初期仏教キーワード初期仏教キーワード
(2008/11)
星 飛雄馬

商品詳細を見る

時期は違えど、同じミャンマーの瞑想センターで修行した先輩です。
ブログ内で、法話の翻訳多数。私もサヤドー・ウ・ジョティカのファンなので嬉しいのです。

『坊主めくり』
僧侶系テキストサイトの一番星、仁鐵和尚のブログ。
最近では動画作成に才能炸裂のご様子。

『てらブログ』
アドレスsofteraの表すとおり、ほんわり優しいshosen和尚のブログ。
京都在住、曹洞宗のお坊様。ふたご男児のパパ。

『たたかうおよめさん!・・卍』
たたかうおぼうさんの元に嫁がれたまりえさんのブログ。
今はご夫婦+息子さん、一家総出でたたかい続けています。(?)

『タケル好日』
私と似た様ないきさつで、ひとまわり年上のお坊様と結婚したタケルさんのブログ。
若いのにしっかり者で、明るくたくましい。寺嫁の鑑です。

『小島かつら 懸賞わくわくblog』
懸賞クイーンにして、デコはがきの巨匠、小島かつらさんのブログ。
奥様はネット懸賞達人 (『懸賞なび』当たる!懸賞本シリーズ)奥様はネット懸賞達人 (『懸賞なび』当たる!懸賞本シリーズ)
(2008/06/07)
小島 かつら

商品詳細を見る

ご近所にこんなスゴイ女性がいるとは。最初お会いしたとき驚きました。
あやかりたいな?と思いつつ、私も懸賞に励んでいます。

『座敷わらし 徒然』
多才な和服美人、まり葉さんのブログ。四国在住。仁鐵和尚のご近所さん。
遠方ですが、もう一度お会いしたいですねー。

『悠心庵つれづれ』
ご近所で、「enjoy子ども書道塾」を主宰されている悠月さんのブログ。
昨年、今年と、住職が写経会でお世話になりました。

『ネコちゃん日記』
みん寺ホームページ開設直後からROMしてくださっているネコちゃんさんのブログ。
その昔、掲示板を設けていたときには沢山お話させていただきました。

夜行性

20090111.png

世間様は3連休らしいですが
保育所がお休みだと、仕事がたまってしまって…。

子供が昼寝の間は、自分も15分仮眠して体力回復、
夜、寝かしつけを済ませてからが本領発揮。

やることいっぱいあるなぁ…。
帳簿付けも年始から滞っているなぁ…。

書店ご挨拶まわり記録(2)

20090109.png

この一言で今までの一切合切が全て報われた気がしました。
仙台八文字屋書店さまでお問い合わせ、ご購入くださった方に海より深く感謝。

帯文のこと

『みんなの寺絵日記』の帯には、作家・有川浩先生の
ステキな推薦文を頂戴してあります。


mintera_hyosi_mini.jpg


「どういうご縁で?」と良く聞かれますので、ここで説明しますと

2007/3/22発売、東京ウォーカー別冊のインタビューにて。
有川先生がおすすめのサイトを尋ねられた際、当サイトを挙げ
「お寺をやっている若夫婦のサイト『みんなの寺』。心がささくれた時、ほんわり癒されます」
とコメントしてくださったのでした。

東京ウォーカー編集部の方から1冊ご恵贈いただき、それを見た私はいたく感激、
今回書籍化の話が出た折に、是非先生に推薦文をいただけたら…と
図々しくもお願いしたところ、快く引き受けていただいた、という経緯だったのです。

過分なご推薦文、本当にありがたく思っています。

有川先生、ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2008受賞おめでとうございます。
「図書館戦争」アニメ化おめでとうございます。
今後益々のご活躍を陰ながらお祈りしております。

書店ご挨拶まわり記録

090106_1537~01


名刺、手描きPOP、チラシ、書評抜粋の4点セットを携え、
仙台市内の書店さんにご挨拶まわり。

お忙しい中、お話を聞いてくださった書店員さんに感謝申し上げます。
お仕事の邪魔にならないよう急いで失礼したつもりですが、
何かご無礼がありましたらお許しください。

転職志望

三田紀房さんのマンガ『エンゼルバンク』を読みました。
転職をテーマにしたマンガで、
「自分の相場を知る・上げる」という観点が、とっても面白かったです。

がりょうちゃんが、たまに冗談で
「俺、お寺辞めたら何の仕事しようかな?」などと言うことがありますが

20080105_1.png

正直、つぶしがきく人材ではないと思います。
私もね…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。