スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばば武勇伝(3)

2010_1002_0003.png

まだ続きます。
スポンサーサイト

コメント

おひさしぶりです。

わこうさん、お元気そうでなによりです。
子育て、お仕事もおつかれさまです!
やっぱり双子ちゃんは大変なんですね~。
私の知り合いも住職さんで、奥さんがはじめての出産で双子の男児でした。
でもその方は義母が近くに住んでいるので、かーなーり助かっていると思います。
私がわこうさんの近くに住んでいたら喜んでお手伝いにいけるのにな~。(残念。。)
これからは寒さも厳しくなりますし、
わこうさん、がりょうさんもお身体に気をつけて下さいね。
ゆきのちゃんも優しい子ですね(^^)いいお姉ちゃん♪
いつか、何十倍もパワーアップしたわこうさんファミリーにお会いできることを楽しみにしています。 
 
追伸☆ ばば伝、おもしろいです。方言がすばらしい!
(ちなみにスイスドイツ語も標準ドイツ語と比べるとこういった感じらしいです)

No title

町のカミサマがんばれ~~v-237

No title

いつもお世話になっております。富谷の○○です。
いや~津軽言葉全開ってぇのはいいもんですね。
全部は分からなくとも、なんとなく分かっちゃう。

北海道御出身の御住職は日常的に
「なんもだ~」なんて言っているのでしょうか?

またお邪魔しに行きます。

No title

>WAKOさま
うわぁ、スイスドイツ語にたとえられると、南部弁もぐんと高貴な感じに…!

おかげさまで何とかみんな元気にやっております。そちらはいかがですか?
双子育児、確かに物理的には色々とやることは多いですが、2回目の育児で精神的余裕があるせいかさほど苦には感じません。むしろ一人目のときのほうが断然大変でした。育児とお寺の仕事と家事とが全て共倒れ(笑)になり、パニックでしたから。
今は「いやいや私一人ではどうにもなりません」と開き直って?夫、保育所、ベビーシッターさんの手を借りまくってなんとかなっています。実家が遠くて頼れない分、しっかり他に頼れるところを見つけてますよ!

>カズさま
予言が外れた分、ばばはお産の日を楽しみに待てたわけですから、かえって良かったのかも?

>風を切る者さま
えーと、私の実家は十和田(太平洋側)でして、津軽弁ではなく南部弁なのです。同じ青森県内でも、全然この二つの言葉は違うんですよ~。
でも、日本語ですから、なんとなく分かる…はず??
北海道の方は、意外となまってないですよ。語尾に「だべさ」とか「かい?」がつくくらいでしょうか。青森のほうがなまりは激しいです。住職は、うちの祖母の話は3割程度しか理解できないようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。