FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理入院(4)

20101208.png

医療センターはなぜか経産婦率が高かったので

土日しかお子さんが面会に来られない方、
遠方のご実家に預けている方、まだ授乳している方など
さまざまな方が入院されていました。

もちろん上の子がいるいないに関わらず、入院は辛いものですが
「上の子に淋しい思いをさせてる」って心苦しさが、一番耐え難いものでした。
それは全経産婦さん、共通の気持ちだったと思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

ゆきのちゃん、よく頑張って我慢しましたね。
きっと、いいお姉ちゃんになるんでしょうね…

私は独りっ子だからちょっと羨ましいです(笑)

No title

これは誰もがつらいですね。

お父さんもつらい・・・

「お父さんじゃダメなの??」
僕なら、そう言ってしまいそうです(T_T)

お久しぶりに

お久しぶりにマツです。遅ればせながら、双子の赤ん坊のご誕生、お祝い申し上げます。
複数の子を抱えている母親は、何かと大変なものです。私の兄は脳の病気で、重度の心身障害者だったため、いつまでも、目の見えない赤ん坊のような状態でした。兄は40歳近くなりましたが、今もそれが続いています。
小さい頃って、そういうことが、よくわからないじゃないですか。だから、私は、どうしてほおっておかれて、母が兄にかかりきりなんだろうと、思った事はあります。
でも、変なえこひいきをしなければ、大きくなってくると、子どもも、あのとき、お母さんは、ああするしか仕方なかったんだって、わかるようになると思います。
心を痛めるのは、自然な気持ちだと思います。でも、年齢に応じて、ちゃんと説明すれば、内容はわからなくても、自分が大切に思われてないわけではないという事は、わかると思いますよ(⌒-⌒)

No title

>咲耶さま
今も何かと我慢させることは多いのですが(汗)一緒にいれば、あとあとフォローもできますし、全然違いますね。
今でもたまに「もう病院に帰らないの?」「赤ちゃん産まれたから?」と聞いてきますが、笑顔で「うん、もうずーっとおうちにいるよ!」と答えられます。ありがたいです。

>カズさま
後半に北海道の両親が来て滞在してくれたので、だいぶ寂しさはまぎれたようです。
住職も相当頑張ってくれましたが、娘にとっても試練の2ヶ月でしたねー。

>マツさま
貴重な体験談をありがとうございます。
娘も、なまじ頭で状況を理解できた分、溜めてしまったものがあったのでしょう。ほかのおうちの一歳代の子はぎゃんぎゃん泣いていましたが、泣かれても辛いし我慢されても辛いですね。
今も父母が一人づつ赤ちゃんの世話をしていると、娘一人が余ってしまう構図になるのですが、なるべく手の空いたときは抱っこして、ないがしろにされている感がないように…と気をつけています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

頑張れママ^^

まあ!!なんて可愛いんでしょうね♪

うちのお姉ちゃんなんて、2歳の時に弟が産まれて、
お見舞いにきてくれた時に「早く帰りた~い」(←自分が)
でしたからね(笑)。

まあそれも、同居しているおじいちゃん、おばあちゃんが
おうちで待っていてくれたと言うのもあるのでしょうかね^^

頼もしいやら、ちょっと悲しいやら、あの頃は複雑だったな~^^

今は思春期のせいなのか?何なのか?やたらべたべたくっついてきて
大変です。(5年生だから体重も重いしね^^;)

では♪

No title

>くみこさま

おじいちゃんおばあちゃん同居なんですか!それはにぎやかで、さびしくないですね。
基本的に子供は病院があまり好きじゃないのかな?とも思います。
私が昨年流産入院していたとき、やっぱり娘は2歳だったのですが、点滴をつけた母の姿を恐ろしく思ったのか、帰りたがってましたから…。
今4歳目前、自分でできることをわざと「できなーい、やってー」「靴下はかせてー」な時期なので、ある意味大変です。かわいいですが。
5年生になってもベタベタ期があるとは、楽しみです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。