FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポン仏教夜話

『ニッポン仏教夜話2010?それでも輪廻は廻っている?』 DVD視聴。
201012181.png
まず210分という長さに腰が引けますが、全く無問題。
肩肘張った講演・シンポジウムを想像してはいけません。まさに夜話。
お坊さん達のゆる?い、しかしふつふつと熱い、茶飲み話です。

各師の話にはそれぞれ頷けるところがたくさんあり、勉強になったのですが

特にはっとしたのは
「こうして公に出て責任が伴うことで、背筋が伸びる」という青江師の発言。
実はこのイベントの醍醐味はそこにあるのではないかと感じました。

みんなの寺にも全国各地からいろんな宗派のお坊さんが訪ねてきます。
お話を聞けばたいへん刺激を受けるのですが、いわばその場限り。
余所にも出ませんし、後にも残りません。

しかし語り合いをしっかり有料イベントにして、ネット配信して、DVDに残す。
宗派所属寺を明らかにして、実名と顔を出して発言するというところに意義があります。

私はぜひお坊さんだけでなく、
寺嫁の立場にある人にもそれをしてほしいと思っています。
尼さんではなく、寺嫁さん。まあ、平たい話が友達ほしい、と(笑

その場でソーセージ食べながら聞けばどんなにか楽しかったでしょうね。
機会があれば、今度はぜひ生で参加したいです。
よりパワーアップした2回目、3回目を期待しております!

余談
蝉丸P師が「江戸時代に宗論の禁止…」と言ったのを
松下師が「え、就労の禁止?」と聞き違えてましたが
私は「衆道の禁止」だと思って聞いてました。ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

No title

 たしかに210分というのは腰が引けるし、引いたのだけど、こうした話し合いのできる場なり人をたくさんの人が求めていることは事実ですよね。
 みんなのお寺でそんな集いを開いてくれたら私も参加してみたいなぁなんて思いました。

Re: No title

>saishoさま
誰でも気楽に聞けるのがいいと思いますね。法話会、講演会というのは数多くありますが、お坊さんたちのフリートークというのは、なかなか聞く機会もないでしょうから。
みんなの寺で…は、立地がいまいちですが(汗)ネットを有効利用して、できることを探って行きたいですね。

賛成~

何年もロムさせていただいておりましたが、今日はコメント欄にて失礼いたします。

寺嫁座談会あったらぜひ参加したーいです!
幾晩語り合っても、みな語り尽くせぬ「何か」があるのではないでしょうかー(笑

追伸
遅ればせながらご出産おめでとうございます。
うちも8月に第三子(男の子)が生まれました。
我が家も核家族の寺なので、背に赤子を背負いつつ寺の行事をこなす毎日……。
うちは第二子、第三子が年子なのですが、双子ちゃんはさぞや大変でしょうね(汗)
お体大事にしてください!

No title

和公さんこんにちは。
最近こういう住職の説法というか駄話を聞いていないなと・・・・。
いやね幼い頃は祖母に金魚のフンみたくあちらこちらついて出かけてて
檀家になっているお寺へ戦死した祖父のお参りに行ったあといろいろ
あの世とか前世の話を聞いたことかあって幼いながらもふぅんとか
ほぉ~っと感心したような記憶があって・・・・・。
そろそろそういうお話をじっくり時間かけて聞いてみたいなと思います。

No title

おお、なんだか有名な人ばっか登場していますね。ついつい購入手続きしてしまいました☆
京都には坊主カフェなんかあったりしますね。こういうのとは、また違うか・・。

でもDVDのサイトの、「21世紀の仏教がどこに向かうのか」なんて個人的には興味湧きませんが、、今の坊さんたちがどういうこと言っているのか、、はとても興味ありますし、自分にどんなことができるのかなぁ、、と思いを馳せてしまいます。
あと、「チベットやテーラワーダを仏教の世界標準とする」のには異議を申し上げますが、これもそういう「売り方」なのでしょうかしら。。

No title

>みくさま
うわあ、嬉しいコメントありがとうございます。
寺嫁が集うなら、保育士さんを呼んで託児サービスは必須かもしれませんね。そして美味しいお茶とケーキも!!
愚痴を語るだけでなく前向きに、しかし教科書的な答えを出すだけではなく実情を踏まえつつ、これからのお寺について意見交換ができればなぁ、というのが私の願いです。寺嫁の匿名ブログはたくさんあり、各宗派の寺族会活動も色々ありますが、その中間…中立的なネットワークが、ちょっとないですよね。
年子ちゃんも大変そうですね。うちは文字通り、おんぶにだっこして色々やっています。お互い頑張りましょう。

>特・名機某さま
おばあちゃんにつれられて、そこで和尚さんの話を聞いて…なんて、素敵ですね。
私の故郷も、村にひとつずつお寺があって、遠足のときなどに訪ねて、郷土のお話や仏教のお話を聞きました。そういう体験っていいですよね。
葬儀、法事のときに説法するお坊さんも減ってきていると感じています。
説法も大事ですし、お茶のみ話の機会も作っていきたいな、と思っています。

>shosenさま
届きましたでしょうか?お買い上げありがとうございます。
「今の坊さんたち」といっても、それこそたくさんいらっしゃいますが(笑)そのなかでも、こうして表に出て発言する方、発言を残す方というのはほんのほんの一部、なのでしょうね。
やはりつまるところ、shosenさんのおっしゃるように「自分にどんなことができるかなぁ」に帰結しますね。私も、批評するためではなく、自分は何をするかを再考するために観せていただきました。そういう意味で、このイベントは私にとってとても刺激のあるものでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。