スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金病気月間

20120524.png
スポンサーサイト

コメント

わー大変!!

一コマ目がたぶん、長男じゃなくって長女かな?
三人揃って病気になると大変ですね。。
小さい子のひきつけなんて、本当に怖いですよね・・。

そんな中でも、ユーモアを忘れない和公さんは素晴らしい~。
かげながら応援しています。がんばって乗り切ってください!


お見舞い申し上げます

ツイッターで毎日読ませていただいているので、本当にお疲れのことと思います。
私の息子も幼稚園に通ってからいろいろな感染症を貰ってきたので、とても大変だった事を思い出します。

うちは一人息子ですがお宅は3人のお子様だからなおさら大変ですね。

私は音楽教室の講師をしていて生徒達がいろいろ病気になるので、私に病原菌が付いて子供に移ると大変だと思い1歳になってから「はしか」「水ぼうそう」「おたふく風邪」「三日はしか」など次々と予防注射をしたので免れました。それでも恐い感染症になって入院したことがあります。

和公さんも無理できないお身体ですからとても心配になりました。
どうぞくれぐれもお大事になさってください。

私は野辺地町で南部衆なので、ホニホニは使います。野辺地は「ほにほに ほんだっきゃにし・・・」などと言いますよ。

子供のうちがまだ良いです

お疲れ様です
水疱瘡も、はしかも子供のうちになるのが一番です
どんなに重症でも大人になってからなるよりはましです
子供でなったのに免疫切れて感染することもありますけど

うちは長男長女が同時に水疱瘡になったのですが
主人と舅にも感染しました
よせば良いのに
もったいないと言って子供の食べ残しを食べたので(汗
大人が感染するとアバタになりやすいんですね
全身にみっちり痕があります

知り合いはおたふくをお子さんから移されて入院しました。
わこうさんたちが感染しなくて良かったです
一応ワクチンはあるみたいですが

あと金環日食見ました学校から観察してから登校せよとのことで
観察グラス購入しました。

No title

おだいじに
ああ、おだいじに
おだいじに

No title

>wakoさま
分かりにくくてすみません、長男のアデノが終わるか終わらないかという頃に娘が水疱瘡になってしまったのです…。
一番具合が悪い時期は三人微妙にずれましたので、最も辛い子にしっかり付き添えたのは不幸中の幸いでした。
ひきつけはよくあることだと本で読んで知っていましたが、実際目にすると怖かったです。6歳くらいまでは多いみたいですね。
ようやく落ち着いたので、来週からは元通り過ごせればいいなぁと願っています!

>大野紀子さま
コメントありがとうございます!南部の方、嬉しいです。
集団生活の中では、感染は免れませんよね…
しかし子供の頃に免疫をつけておいたほうがいいものもありますので、通過儀礼と思って頑張ってもらいます。
子供三人いますと予防注射だけでも一苦労です。必須のもの任意のもの、何日あけて…など考えますとこんがらかりますね。
「ほにほに、ほんだっきゃにし」分かりますよー!南部ではどちらかと言うと、「ほんだっきゃなす」みたいな発音です。

>みるるさま
そうなんです、ゼロ歳や大人になってから感染するととても怖いので、むしろ「感染して免疫をつけたほうがいい時期」にきっちりかかったということで、小児科の先生も「おめでとう」とおっしゃったようです。
幸い私も夫も水疱瘡は子供のうちにかかっていたので大丈夫でしたが、旦那様とお父様たいへんでしたね。
日食ご覧になったんですねー。仙台は金環ではなく部分日食でした。グラスをっては見なかったのですが、不思議な色の光を体験して面白かったです。
今度は金星の太陽面通過が見られるそうですね。

>shosenさま
おかげさまですっかり治りました!長かったです…
来週からは通常通り、元気に過ごせればいいなぁと思っております。

No title

あーたいへんでしたね
治ってよかったですね

原因があっての症状で「病ませきる」と聞きますが
つらいですから、なかなかそういうわけにもいかず
(私は頭痛の観察など出来ず、即効鎮痛剤に走ります(-_-))

ご家族のみなさま
お元気でありますように
(とくに和公さんお身体大切になさってくださいね~)

Re: No title

>とももさま
ありがとうございますー!
おかげさまで何とか落ち着きました。長男は病気以来すっかりお母さん大好きっ子になってしまい、保育所においてくるのが少し大変になっています。
私も持病で足が腫れて痛むことがあるのですが、痛み止めやシップは今までなんとなく使わずにいたんですね。
ところが先生から「あまり炎症を長引かせるのはよくない、なるべく早くに鎮めてあげたほうがいい」というようなことを言われて、今では遠慮せずに使っています。
とももさんもご無理なさらず、お辛いときはうまくお薬の力を借りて乗り切ってください!

たいへんでしたね

忙しいそですね。子供はちさい時はみな同じですよ。おおきくなたららくになるからその時を夢見て今がんばろうね、、。

Re: たいへんでしたね

>テンさん
ありがとうございます。5月は子供が次々に病気になって大変でした。今はようやく元気になりました。病気した分、丈夫に育ってくれればいいなぁと思います。

同病相哀れむ。・・・と、言って良いのかな?(困)

先日は本当に有り難う御座いました。直ぐにでもお礼状でも書けば良いものなのですが、忙しさに負けて電話でのみでとは情けない話で、申し訳ありませんでした。

 さて、実は私達もGW前にえらい目に遭いました。
 事の発端は、父が寄り合いに行った際に菌を運んできたらしく、そいつが私にまず感染。風邪かと思い二人で仲良く病院にと、ここからが大変でした。
 我が家の船を新造中だったので、4月20日に親戚を含めた男供で積層(接着用語で薄いFRPと樹脂を交互に重ねて分厚くしていく作業)に臨んだ際、二次感染を起こして私の症状が一気に悪化。咳が止まらず気管支炎かもと思った矢先には次の日に兄も熱でダウン。
 病院から電話が来たのは翌日の事。「直ぐに祐樹君を隔離してお父さんを病院に寄越してください!血液検査で祐樹君からマイコプラズマの陽性反応が出ました!」
 ひ、ひぇぇぇ~っ?!
 どうやら父が運んだ菌がマイコプラズマのそれで、幸いにも父は軽度、兄には感染せずに済んだのですが、もともと風邪をひく度に気管支をやられていた私が菌の影響をまともに受けて症状が一気に重篤化したようでした。
 お陰で今までの人生史上最悪のGWに成っちゃいました。(それでも最終日には友達と出掛ける程に回復しましたが) 今回のこの絵日記を読んでとても他人事と思えなかったので、コメントした次第です。

PS.私事ですが、来る7月14日に我が家の新造船の進水式が行われる事に成りました。

Re: 同病相哀れむ。・・・と、言って良いのかな?(困)

>高橋祐樹さま
こちらこそ、先日は本当にありがとうございました。
マイコプラズマ肺炎ですか。大変でしたね。
ニュースで病名は耳にしますが、実際に罹患した方にはお会いしたことがありません。とてもお辛いんですね。
無事に回復されたとのことで、ひとまず安心いたしました。
我が家もそうですが、家族の間で感染を防ぐなんて無理ですよね…。
7月の進水式、楽しみですね!ぜひ万全の体調で臨んでくださいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。